Rogo2
コンサル就職にチャレンジする全ての人を応援
更新日|2019年8月2日

マッキンゼー筆記落ちして絶望した話【戦略コンサル実体験】

3892702718 2cf08d090d z

この記事はマッキンゼーに落ちて絶望した私がその後なんとか頑張って外資コンサルの内定を勝ち取ったストーリー(実話)になります。

ちょっと長くなりますが、私のストーリーが就活・転職に挑まれる方の応援になれたらなと思います。

なぜこの記事を書こうと思ったか?

就活している人、転職している人を勇気付けたいから。

私は新卒で幸運にも外資コンサルの内定を勝ち取ることができましたが、途中は絶望したり自分に価値がないと思ったことが何度もありました。

コンサルへの就職や転職を目指す方も多くの壁にぶち当たることと思います。

そんな時にこの経験談を思い出して「みんな苦労してたし、頑張ろう!」と前向きになってもらえれば嬉しいです。

この体験談(マッキンゼー編)の内容

①マッキンゼーに魅了されるまで

②筆記試験と結果発表

それではどうぞ!

①マッキンゼーに魅了されるまで

当時理系の大学生だった私は、大学院に行く気マンマンでした。
きっかけは三年生の秋に就活マニアの友人から「外資コンサルという最強の職業があるらしい」聞いたことです。

友人の話をまとめると

「東大京大が受けても

倍率100倍

くらいで全然受からない。日本の大企業も戦略考えてんのは全部外資コンサルで、

日本経済を操っている。

入った瞬間から大企業の社長にアドバイスして、二年目で年収2000万超える。モテるしお金もたくさん貰える」とのことでした。

※友人が言ってたことは一部は当たっているけどかなり大げさです。笑

昔から論理的に考えることが好きだった私。もしかしたらイケるんじゃないかなーと期待しました。
タイミングよく週末にマッキンゼーの説明会があるらしいので、行ってみることに。

マッキンゼーの説明会がキラキラすぎた。

説明会の内容はこんな感じでした。

大企業経営の根本に関わる。しかも国際プロジェクト。

社員の方はみんなキラキラ。丁寧な話し方・知性・素敵な笑顔。

人を大事にする姿勢。充実したトレーニングや評価制度。

マッキンゼー→留学→世界銀行なんて異次元のキャリアも。

これはホントにやばかったです。説明会終わった瞬間に「もうここ行くしかない!」と決めていました。

②筆記試験と結果発表

説明会ですっかりマッキンゼーに魅了された私はすぐにウェブ登録。徹夜で志望動機を書き上げエントリーしました。

この頃からなぜか 「マッキンゼーに受かることが自分の運命」みたいに思い込んでいました。笑

試験会場へ

書類審査を通過し、案内をもらった自分は筆記試験会場へ。ホテルロビーには

我こそは最強の秀才なり

と信じて疑わない学生がゾロゾロ。かなりピリついた雰囲気でした。

講演会スペースに入ると、白いテーブルクロスのかかった長机がズラリと20列。100人以上が背筋を正して着席。試験問題は自分の目の前に裏を向けて置いてあります。
流石に緊張してくる私。

「はじめてください」の合図で問題用紙をめくると…

!?

なんだこれ?

英語だし内容はまったく意味不明です。

ヤバ過ぎる。。。数学の基礎知識や小論文だと思っていた私。 
ゴングが鳴って、拳を合わせようとしたら右ストレートが飛んできた感じです。

マッキンゼーの筆記試験は上のような長い文章が最初に出てきて、この内容についての選択式の問題が3-5問出題される。これが1セットになっていて、全部で5-7セットくらいのボリュームを1.5時間くらいで解かないといけません。(今は多少変わってるかもしれません。)

基本的に最初の文章を10回くらい読まないと意味が分からなかったので、時間は一瞬でなくなります。しかも文章の理解が曖昧なので、問題に進んでもやっぱり曖昧。
何とかそれっぽいと思われる回答を選択し、とりあえず完答しました。

敗北感しかない

その日は打ちのめされたボクサーの気分でヨロヨロと帰宅。ふて寝した後しばらく結果を待っている状態が続きます。

1週間経つと「〇〇が合格メール受け取ったらしい」という情報が流れはじめ、焦る私。大学のメールアドレスを使ってたので、朝昼晩と大学のパソコンをチェックするが、メールはまだ来ない。続々と合格者が出るが、まだ来ない。 

数日後、[マッキンゼーアンドカンパニー]からメールが、、、
恐る恐るメールを開ける。

「この度はマッキンゼーの採用に応募いただきありがとうございます。検討の結果、この度は採用を見送らせていただくこととなりました。アセルス様のご活躍を心よりお祈り申し上げます。」

…終わった。

大学のパソコンルームからよろよろと立ち上がり、最寄駅へと歩く。

歩きながらものすごい後悔と悲しさが押し寄せてきました。
なんでもっと筆記試験の内容調べなかったんだろう。フラっと行って受かるような天才でもないのに。
人生に一度しかチャンスないのに。もうこれでマッキンゼーには行けない。こんな悔しいことあるんだ。

マッキンゼーに魅了された私でしたが、マッキンゼーからの答えは「あなたは必要ありません」でした。

とめどなく涙が流れてきました。

マッキンゼー編〜完〜

お読みいただきありがとうございます。

一瞬で終わってしまいましたが(笑)、これが自分のマッキンゼー就活のストーリーです。実はここから奮起して、色々対策しながらボスコンやベインに挑戦するのですが、そちらは別の記事で語っていければと思います。

以上です!


ツイッターでもコンサルや事業について語っています。
@aserus_consult
"Live in the present" by Leland Francisco | "faceless business man" by Jorge Díaz | "Exams Start... Now" by Ryan McGilchrist | licensed under CC BY 2.0